勉強前の換気と掃除は最高だ!部屋に良い気を呼び込んで集中力アップ!!

勉強で集中力をあげるためにすることは、掃除です。
勉強を始める前には、窓を開けて新鮮な空気を部屋に入れます。
そして、机の上にある勉強に不必要なものは片付けます。
理想は、ノート・テキスト・辞書・筆記用具以外の物は机には置きません。
パソコンやボックスティッシュなど勉強中に必要になる可能性があるもや、今勉強しようとしていないテキストなどは机の横に棚を置いて収納します。
そうすることで、一つの教科に集中して勉強が出来ます。
勉強を始める前には、机を水拭きします。
前日の消しゴムのかすなどが残らないようにするのです。
とにかく視界には、清潔な机と勉強道具だけが入るようにするのです。
掃除をする時には、聴くと頭が良くなると言われているモーツアルト作曲の”アイネクライネナハトムジーク”を聴きくことで、より勉強に集中できるようになります。
勉強を始める前に掃除をすることで身体を動かすことで筋肉の緊張がほぐれ、長時間椅子に座っての勉強でも集中力が高まります。
部屋の空気が入れ替わったら、窓を閉めて勉強を始めます。
勉強前の換気と掃除により、部屋に良い気が入り勉強への集中力をあげることが出来ます。

管理人のお世話になってるサイト>>>>>勉強の集中力を高めるサプリ

魚の過剰摂取による水銀中毒について知ってますか?

DHAは特に青魚に多く含まれる体に良い成分として有名ですが、その魚の中には工場用水に含まれるメチル水銀も摂取している可能性もあり、それを食べる人間にも害を及ぼすということです。
ごく微量な水銀では体内に蓄積されないのですが、魚の過剰摂取によって水銀中毒にまで至るということは理解しておいたほうがいいのかもしれません。
水銀の過剰摂取によって蓄積された水銀は、血液脳関門という砦を突破して中枢神経に入り込んでしまいます。
中枢神経がおかされると、手足のしびれとふるえ、歩行障害等が症状としてあらわれるそうです。
水銀中毒の治療法として、キレート剤などを使って水銀の排出を促したりするらしいのですが、慢性のメチル水銀中毒で中枢神経をおかされてしまった場合は治療が大変難しくなるようです。
いずれにしても水銀中毒患者はその後一切の水銀が含まれる食事はとれないそうですが、その辺は当然かもしれません。
メチル水銀はそもそも海の中に微量に存在するもので、くじらやまぐろなどの大きな魚ほどその蓄積量は多いといいます。続きはこちら>>>>>dha水銀フリー

昔の言葉で、自分に言い聞かせる!

設問1:私は血液がドロドロだと思います。(検査を受けた訳では有りませんが)
よく肩こりや頭痛が有ります。
高血圧で高コレストロールで健康診断にも引っ掛かり、指摘を受けます。
結局、診察で言われる事はほぼ一緒で、食生活と適度な運動をする事だと言われます。
運動に関しては、昔からやっているので、何も抵抗は有りませんが、食生活は気を付けているのですが、なかなか長続きはしません。一時的な改善はあっても、一生続ける事を考えると、ストレスになりそうです。
血液サラサラにする効果がある食材で、玉ねぎやしょうがなど言われています。どちらも嫌いではなく、むしろ好きな食材になります。
こちらも日々継続して行かないと、効果が感じられないのかも知れません。
昔の言葉で、「継続は力なり!」という言葉が当てはまるのだと思います。
あとは、周りの協力も必要になってくるのだと思います。特に妻は。
栄養やバランスを考えた食事を提供してもらいたいものですね。
でも結局最後は自分自身ですけどね~引用:血液がサラサラになるサプリ

更年期のイライラ、どうにかしないと家族も巻き込んでイライラ!

元々怒りのスイッチが入りやすい私でしたが、更年期と呼ばれる年齢に突入し、そして更年期障害の症状と呼ばれる、例えば生理不順などがみられるあたりから異常に怒りの感情が爆発的に起きるようになりました。
最初は気づかなかったけれど以前ならなんでもなくやり過ごせていたこと、人に話すとそんなことで腹を立てるの?と言われるようなことですごい怒が体の中から湧いてくるのです。
母親が更年期の影響を受けていた時のことをよく覚えており、私もきっと遺伝的になると思っていたので、昔から知識を得るようにはしていました。
なのでついに来たのか…という感じでした。
女性ホルモンの減少による影響が自律神経を狂わせて色々な諸症状が発症するということ。
漢方やサプリメント、婦人科の受診によるホルモン補充療法でマシにはなると聞きますが、完全に症状を抑えることは難しいのではないかと思います。
それにホルモンの治療薬には副作用もあるとか。
なら思い切ってすべてを受け入れこの時期を乗り越えようと覚悟をしました。
といってもイライラは周りの人たちを巻き込んでしまいます。
なるだけほかで発散をして軽減させたいところです。お世話になってるサイト>>>>>更年期イライラ40代